山梨で遊ぶなら本流堂!山梨県早川・富士川でラフティング・ダッキーなどのアウトドアツアーを開催しています!

HONRYUDOUロゴ

ラフティングに使用する装備について

ラフティングは自然の中を流れている川を下ります。
そのような遊びであるラフティングを安全に楽しむためには、きちんとした装備は欠かすことができません。ここでは、ラフティングをする際に必要な装備について説明します!

靴(濡れても良い靴、またはかかとの固定できるサンダル)

ラフティングをする際のシューズは、通常の運動靴でも問題はありません。ですが、びしょ濡れになりますので、濡れても良い靴をお持ちください。
マリンスポーツなどで使用されているウォーターシューズやアウトドアサンダルなどが装備としては最適です。
そのような靴は、水中でも脱げにくい仕組みになっており、また足が冷えるのを防止する役目も担っています。
また、ビーチサンダルは脱げやすく足を傷つけてしまう恐れがありますので、不可とさせていただいております。サンダルは、必ずサイズの合ったかかとの固定できるタイプをご利用ください。

ヘルメット

自然の川には多くの岩があり、ラフティングツアー中はボートが岩にぶつかることもあります。
岩にぶつかった時の衝撃で、ボートから落ちることもあり得ます。またツアーの中では、身体ひとつで川の流れに身を任すボディラフトや、川に飛び込むジャンプポイントもあります。その際に怪我をすることが無いよう備えとして、ラフティングではヘルメットを着用していただきます。

ウェットスーツ

ラフティングの際に、水着の上からウェットスーツを着用していただきます。ウェットスーツは体温維持の役割があります。ラフティングではツアー中ボートの中に水が入ってくるので必ず濡れますが、ウェットスーツを着ていれば寒くなる心配無し!です。日差しの弱い春や秋には、ウェットスーツの上からさらにスプレージャケットを着用してラフティングをします。
防寒の目的が大きいので、暑い夏のハイシーズンにはウェットスーツの着用はせず、水着でのご参加をおすすめしています。

ライフジャケット

激流を下ることもあるラフティングでは、勢いのあまりにボートが転覆して川に落ちる場合もあります。
そのような時に、ライフジャケットを着用していれば、川に落ちても自然と身体が浮いてきますのでご安心を。川に落ちた際には、何よりも「慌てない」ことが大切です!泳ぎに自信がない方でも安心してラフティングをお楽しみください。

本流堂では、現在人気のラフティングなどの自然体験ツアーを楽しむことができます。
ツアーご参加時に必要なウェットスーツやヘルメットなどの装備は実際に購入するとなると準備が大変だったり、高価格だったり・・・ですが、本流堂では装備レンタルも料金に含まれていますので、安心してご参加ください。安全・楽しいラフティングツアーへのご参加は、ぜひ本流堂をご利用ください!

ページの先頭へ

ホーム > ラフティングに使用する装備について